エムゲーム・ジャパン ゲーム ミィア ブログ サークル マイエム Login

OP7公式GMブログ『傭兵組合』

ブログチャンネル
OP7運営チームさん
 
 ブログトップ   マイブログ   ランダムブログ    
ブログ型ブログ型タイトル一覧タイトル一覧
25発目「OP7も一周年!」[ブログ]  
詳細/おすすめ(136470/0) | ソーシャルブックマーク(0)  2009/09/09 15:01

ウキウキ気分な[GM]緋連雀です。
 
本日よりイベント開始です。
是非ご参加くださいね!
 
本来であれば[GM]ジョン・スミスの番なんですけど、
なにやらとても忙しそうなので順番すっ飛ばしてブログを更新します。
 
イベントの中では100枚コースの目玉商品である、
SteelSeriesの新商品4つについて今回お話しましょうか〜。
 
何故SteelSeriesの新商品が推奨デバイスになったのか、簡単に説明させていただきますと、
エムゲーム マーケティング部とOPERATION7運営の担当者が1周年イベントに関する会議に
SteelSeries日本オフィシャルブログFragYou!をお書きになられているHiroさん、
SteelSeries製品を代理取り扱いをしているゲートの営業企画の方をお迎えし、
OPERATION7推奨デバイスに関する交渉をコソコソと行わせていただいておりました。
 
その場で今後の予定や本イベント概要等々を説明させていただき、
ゲーミングデバイスを知らないプレイヤーにデバイスを知ってもらいたい、
既にFPSを長くプレイされているプレイヤーさんに最高のパフォーマンスを
SteelSeries製品と共に伸ばしていただきたいという気持ちをHiroさんにぶつけましたところ、
なんとSteelSeriesの協賛及びXaiとKinzu、4HDと9HDの推奨デバイス認定が実現しました。
(本当はもっといろいとありますが、長くなるので要約しました)
 
光学式マウスであるKinzuについては、eスポーツやFPSに関するゲームニュースを取り扱う
コミュニティサイトNegitaku.orgさんの7周年企画と題して、
SteelSeriesさんよりKinzuプロトタイプのレビュー&プレゼント企画が行われ、
(※既に応募及びプレゼントは終了していますのでご注意ください)

企画を通じて受け取ったFPSプレイヤーのレビュー記事が既に掲載されております。
SteelSeries Kinzu Opticalの内容が気になる方は是非これをご覧下さいね。
 
GMのレビューは今のところありません。
開発中のKinzuと4HDの触っただけのレビューでよければ……
 
マウスパッドの滑りに関しては使う人によって感想が変わりますし、
私が普段利用しているマウスとマウスパッドとの比較となりますので、
あくまで[GM]緋連雀の個人の感想としてお読みくださいね。
 



まず、マウス。
普段私は同社製マウス「Ikari Lazer」を利用して仕事やOPERATION7をプレイしているのですが、
Ikari Lazerが右手に特化した特徴的な形状であることはお分かりかと思います。
 
それを触った後で開発中のKinzuを触ってみても特に違和感はありません。
私自身の手がちっちゃいと言うのもあるのですが、
人工学的にデザインされた形状から3年かけて世界の名立たるプロゲーマーの
細かな指摘を受けて3年間も調整された形状は利き手や持ち方を選ばず、
どんな持ち方でもしっかり手に馴染じみます。
 
ただ、手が大きい方や大きい形状のマウスを(長い間)使用していた方には、
違和感を持たれる事があるかもしれません。
これは個人の好みとなりますので強制は出来ませんが……
 
9月の中旬から販売が開始される予定となっていますので、
店頭で試供品が展示されていましたら是非お手を取って、
その磨き上げられたフォルムの握り心地をお確かめください。
 
 
 
そして、パッド。
普段私は同社製パッド、Qck miniを他社の布パッドの上に乗せて使用しています。
何故2重なのかといわれれば、他社製の布パッドは目が細かくて滑りやすい変わりに、
レーザーセンサーを上手く認識してくれなかったのでQck miniを乗せてみたら
とっさの反応や止めたいところできっちりマウスを止められるという
意外な使いやすさからそのまま使い続けています。
 
プライベートではS&S Soloを擦り切れるまで使ってたので事実上、
上位に位置づけされている4HD(9HD)にはワクワク感があったりします。
 
で、4HDをKinzuバルクでゆっくりと横に滑らせた感覚としては、
マウスを動かす支点をどこにおいても軽すぎず重すぎず丁度いいストロークが出来ます。
つまみ持ちで強弱を付けて滑らせても、滑りすぎで意図しない場所に動くことも無く、
かぶせ持ちで押さえつけながら強弱を付けて動かしても思った通りの位置へ移動させることが出来ました。
 
CPIの設定やゲーム内の感度設定、センサーによってカーソルがどう飛ぶかはわかりませんが、
私が今まで使用してきた滑りの感覚では素晴らしいとだけ言えます。
 
センサーと実際に使用したレビュー?
今回は触った感覚のみとなりますのでごめんなさい。
 



正式な製品ではない状態ではありますが、総じた評価としてはなかなか悪くありません。
むしろKinzuは販売予想額が3,980円というゲーミングマウスとしてはかなりの低価格も魅力ですので、
ゲーミングマウスは高くて手が出しづらいと思われていた方でも是非この機会に手に入れてみては!?
また、マウスを買うときには4HDと一緒に買うことをオススメします。
 
今使っているデバイスからシフトしづらいという方は店頭で触ってみてください。
触ってわかる事もありますので、まずはお手に取って吟味してくださいね!
 
 
それでは長くなりましたのでこれにて失礼させていただくと共に、
これからもOPERATION7をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。
 
また、11月にオンライン大会を企画しておりますので続報をお楽しみに!

tag
この記事のURL /  カテゴリ /  コメント(74)  / おすすめ  / 通報
   26発目「そういえば去年もクリスマスに記事を書いていた。」
   24発目「もうすこし」